Our team

メンバー

今野製作所

今野製作所 Profile

昭和36年、北区で創業(のちに足立区に移転)。先代が油圧爪つきジャッキを日本で初めて商品化。重量機械の運搬据えつけ作業の負荷を大幅に軽減させ、一躍業界で知られるように。以来、油圧機器事業のほか、量産ができない製品や部品のオーダーメイドに特化した、ステンレス板金加工事業を手がける。また、長年のものづくりの経験を活かして、着脱可能な下肢障がい者用手動運転装置「SWORD(ソード)」を開発。チームワークのサッカー型組織を標榜し、平成24年度の東京都ものづくり人材育成大賞を受賞。

今野浩好社長

今野浩好
(こんの・ひろよし)

昭和37年東京都北区生まれ。大学卒業後、大手工業用ゴム部品メーカーに入社、管理部門に10年間勤務したのち、今野製作所に入社。2004年より代表取締役社長。ものづくり中小企業のIT活用を専門家とともに実証研究するなど中小企業診断士としての顔も。学生時代「ジャズ研」でバンド活動に熱中した経験から、各々が自由闊達に強みを発揮しながらチームとして調和する、創造力ある自律型組織を理想に描く。最近気になるのは、出張で赴くアジア各国の状況と、福島工場を拠点にしている父親(現会長)が飼うヤギたちの動向。

趣味:JAZZギター、ボーカル

座右の銘:師友に学ぶ

動物に例えると:フクロウ(のようでありたい)。思慮深く、大局を俯瞰して冷静にものごとを判断する(ちなみにフクロウは夜行性なので、冴えてくるのはアフター5)。

西川精機製作所

西川精機製作所 Profile

昭和35年、江戸川区で創業。鉄、ステンレス、伸銅をはじめとする金属材料のほか、塩ビ、アクリルなど多様な素材を扱い、産業設備用の治工具や医科学研究用機器・機材を中心に製造する。近年「下町のものづくりコンシェルジュ」を名乗り、アイデア ☓ 技術力 ☓ デザインで工業製品に新しい価値を付加するべく挑戦中。また、子どもたちへのものづくりワークショップを主催したり、社内にシェア工房をつくるなど、ものづくりの楽しさを広く伝える活動に力を入れている。平成26年度の江戸川区産業賞ワーク・ライフ・バランス推進企業。

西川喜久社長

西川喜久
(にしかわ・よしひさ)

昭和40年東京都墨田区生まれ。大学では農獣医学部に学んだ変わり種で、先代である父親の体調悪化により、卒業後、社会人経験のないまま西川精機製作所に入社。1999年より代表取締役社長。長年にわたり職人としてのイロハを体で覚えてきたため、自らが熟練工である。生来の気質から究極の何でも屋を目指し、切削加工から溶接、板金まで金属加工の幅を広げてきた。理路整然とした長文を書くことは苦手だが、「鋳物と冶金以外は任せろ」。

趣味:アーチェリー

座右の銘:やってみんさい

動物に例えると:ナマケモノ。ふだんはダラっとしている(ように見えるが、無駄な動きを排除した、計算づくのエコかもしれない)。

エー・アイ・エス

エー・アイ・エス Profile

平成12年江戸川区にて創業。前身の会社から引き継がれ、わずか1ヶ月の準備期間で誕生する。現会長の石岡三郎の持つ技術と「来たものは断らない」精神で、多様なニーズに応え、苦難の時代も乗り越こえてきた。得意とするのは箱物筐体(はこものきょうたい)の製作。都内では珍しい大型クレーンの設備を持ち、大型製品にも対応できることと、熟練から若手まで、個性豊かで創造的な社員が揃っているのが自慢。さらに近年は、イケメンが多いことも判明して?「イケメン職人のエー・アイ・エス」を謳うように。

石岡和紘社長

石岡和紘
(いしおか・かずひろ)

昭和42年東京都江戸川区生まれ。大学卒業後、情報処理関連の企業に勤務。2000年に祖父の創業した会社の工場を借り受け、現会長の父親とエー・アイ・エスを設立。2004年より代表取締役社長。社員の成長とともに会社を成長させてゆくのが夢で、彼らが生涯を閉じるとき、「ここてで働けて良かった」と思えるような会社を本気で目指している。週末に一人でタレパン(タレットパンチプレス:プレス機械の一種)を動かすタレパンオタク。勝手に仕事を進めて社員に怒られることもしばしばあるが、くじけない。

趣味:キャンプなどのアウトドア。近々ロードバイクも始めるつもり

座右の銘:臥薪嘗胆

動物に例えると:カルガモ。のんびりして見えるが、前に進もうと必死に水をかいている。陸に上がると子どもを引き連れて歩く(その姿が人の心をなごませるかは不明)。

宮本卓事務局長

東京町工場「ものづくりのワ」の事務局長

宮本卓
(みやもと・たく)

昭和53年東京都江戸川区生まれ。大学で金属工学を学び、金属材料、結晶工学を専門とする工学修士。大学院修了後、大手特殊鋼メーカーで7年間勤務したのち金属加工を営む実家で溶接技術の修行をする傍ら、自由な発想でのものづくりを目的にCreative Worksを起業。現在は西川精機に籍を置きながら、仲間と立ち上げた「江戸川で創る会(仮)」で小学生向けものづくりワークショップなどを開催し、小学校の先生というかつての夢を叶える。ほかに叶えたい夢は宇宙飛行士。3児の父で、日夜目指すのはイケメンよりイクメン代表。

趣味:サッカー。ポジションはセンターバック

座右の銘:やらないで悔やむより、やってから悔やむ

動物に例えると:猫。こたつを見るや丸くなる習性がある(猫なで声が得意であるかは不明)。